*

借金返済あるある

雑誌の宣伝広告、ゴシップ紙、電柱に見かけるチラシやDMなどで、「多重負債の整理整頓任せてください」「多重負債を一括化したくありませんか」などといったアピールを見かけることがあります。

こういったものは、「整理業者」「買取業者」「紹介業者」という名称の企業の宣伝のときがあったりします。

そういったものを利用した際には破産申立フローの中で最も大切な免責認定を受けられないリスクも存在します。

「整理人」というのは宣伝などで借金を抱える人は集めすさまじい依頼料を請求して債務整頓をするのですが実際は借金整理はされず、当人はさらに借金スパイラルに堕ちてしまうことがほぼ全部と予想されます。

「買取屋」の場合は、当人の分割払いでデジタル用品、飛行機のチケットを大量に買い入れさせて、債務人から買った品を販売額の1割もしくは半分で引き取るという手口です。

負債人は一時的にはお金が懐に入りますが、いずれクレジット企業から商品の販売額の支払いがくることになり、実際のところ負債額を増やす結末で終わります。

このときはカード会社への詐欺行為とされて免責判定を受けられなくなります。

「紹介人」では、大企業の金融業者から借りられなくなった借金者について、直接的な資金提供は全くせずに、金貸しをする会社を知らせ、法外な依頼料を出させる悪徳業者です。

紹介屋は手の込んだ手引きで貸出してもらえたという口調で報告しますが何もしないまま調査のゆるいルートを伝えているだけなのです。

結局は借金をアップさせることとなります。


コメントする